エネルギーのお話 ~BOOKシリーズ❸~

エネルギーのお話
エネルギーストーリー ~BOOKシリーズ❷~
エネルギーのお話 ~BOOKシリーズ❶~
エネルギーストーリー ~BOOKシリーズ❶~ 「 私が本のエネルギーが分かるようになった日。」 ある日、 本屋さんで「なんか良い本ないかな~?」と 新しい本を探していた時、 気になった本を手に取ったその瞬間から ...
エネルギーのお話 ~BOOKシリーズ❷~
エネルギーストーリー ~BOOKシリーズ❷~ 「 本のエネルギーから不思議な旅へ」 買った本を寝る前に読むことにした。 本を手にとり読み始めるが、持っている手が… 熱い!!! ボーボーする…この本… とてもじゃない...

 

「 白蛇とクンダリーニ」

 

目蓋の裏で煌々と輝く金色の光

下の方でウネウネ、うにょうにょ。
『 んん~~っ??』

意識を合わせると、
映像が切り替わり
自分の身体の中の空間になった。

そこに現れたのは

白蛇

 

しかも
結構立派で。
でかくて。そこそこ太いし…。

とてもお元気なご様子で(笑)

『なんで蛇なんだろ?』

そう心の中で思っていると
白蛇体が答えを教えるかのように
それは起きました。

≪クンダリーニ≫

前にクンダリーニを体験した時に
感じたエネルギーでした。

でも、その時と遙かにエネルギー量というか
強弱というのかな?が違かった。

このクンダリーニの体験は
ある1年間ほどの間に3回ほど体験した。

その3回とも
全く同じエネルギー量ではなかった。

小さめのエネルギーの時は
頭頂に抜けるまでの勢いが若干優しい。
若干ね(笑)

大きいエネルギがクンダリーニを起こすと
尾てい骨付近から頭頂に向かって
勢いよく電気が流れるように突き抜けるのです。

『うぎゃーーーーーーーーーっ!!!』

って、感じです(笑)

でも超絶気持ちよいのです。

いゃ、そんなことよりも
本からこんなこと起きるって。
ビックリなのですが。

その答え合わせは体感と本の中にありました。

前記事に書いた
『本の中からエネルギーが流れてきた』

この本の中には色々な明王様がいて、
その中に
軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)という
明王様もいらっしゃったのです。

軍荼利明王についての説明が
分かりやすく面白かったのでコチラをどうぞ♪

軍荼利明王って?

少しずつ映像が消えて行って
目を開けて時計を見たら、
約2時間くらいの間の出来事だったようです。

お陰様でハートの中に
溢れんばかりのエネルギーで満たされ
真夜中にめたんこ元気になっちゃう(笑)

 

それをきっかけに軍荼利明王のことを調べ
山梨県にある軍荼利神社に
参拝に行くご縁ができたのでした。

 

これが私が本のエネルギーを
感じた始めた時のビックリ物語です。

 

今では本の文章を読む楽しさと
本から伝わってくるエネルギーを
読むのがとても楽しいです。

 

人間としての私は文字を読み
でも本来の私は文字よりも
エネルギーの方が読みやすいので
両方の機能を使って本を読んでいる感じです。

今後、本やオラクルカードなど
エネルギー的に紹介していこうかな♪と思っています。

エネルギーを言語化…
カオスなコーナーになりそうだけど~
面白そ♪

それではカオスコーナーお楽しみに~(笑)

 

 

コメント