思考のプログラミング解除

HAPPYメソッド
「ベキベキさん!」から「ワクワクさん♪」へ

 

 

何かを選択する時に、
こんな言葉を語尾に使っていませんか?

 

「~すべき」「~すべきか?」「~すべきだろうか?」

 

「すべき」という言葉は
思考から出てくる言葉なのですが、
「正しい方の道への選択」を
選ぼうとしていることが多いのです。

 

その思考のエネルギーは、
本来、自由に表現できるはずの
自分の個性、可能性、行動などに
自分自身で制限をかけ
可能性を邪魔したり、封印してしまうエネルギーになります。

 

 

私達は常に「正しさ」を選択し続けるために
生きているわけではありません。

 

そして、
「正しさ」=「良い結果」や「正解」
と言うことでもないのです。

 

では、その「正しさ」とはどこからやってくるのでしょうか?

 

「正しさ」の答えを探している時、
希望や、可能性と言う前向きな思いのエネルギーではなく、
不安、恐れといった
失敗などの恐れのエネルギーからのくるものです。

 

そして自分でどんどん「正しさ(不安)」の
プログラミングしていってしまうんです。

 

潜在意識を開花するどころか
深く眠らせてしまう魔法をかけてしまうのです。

 

そうすると、
「自分とはなんのか?」「自分がやりたいことは何なのか?」
という迷路に自分から深く迷い込んでしまい、
抜け出し方がわからくなっていくということが起こります。

 

分からなくなるということは、
自分の心の声を聞いていないからわからなくなります。

 

特に多いのがそこに「人(他者)」が関わると
「自分がどうしたいか」ということより
「外側から見た結果」からの選択をしてしまいがちになり
自分の声の聞き方を忘れ自分を見失ってしまいます。

 

そのプログラミングを解除していくには?

 

「べき」という言葉を
「どうしよっかなぁ~♪」に変えてあげるだけでOK!!

 

どうする「べき」かの選択肢を
わざわざ一所懸命作り出さなくてもいいんです。

 

「べき」はもの凄いエネルギーを浪費使します。

 

結果(未来)が分からないから悩むのだから、
結果は結果が出るまでわかりません!(笑)

 

ですので!
思考癖の「どうすべきかなぁ~?」って
テンプレートが出てきたらですね(笑)

 

まず、「ハッ!!!」と気づくことが大切♪

 

そしてその気づきの度に
ボコボコ湧いてくる不安や心配の思考をストップして、

 

「わたしはどっちがやってみたい?」
「どっちの選択がワクワクする?」
「わたしはどうしたい?」

 

そんな風にハートに聞いてみてあげてください。

 

意識を頭の方に向けるのではなく、
胸の方に下げるような感覚で聞いてみてください。

 

 

分かりずらければ胸に手を当てながら聞いてあげると
自分の心の声にフォーカスが置きやすくなりますよ♪

 

私自身、長~いこと無意識で
この「ベキベキさん」をやっていました(笑)

 

無意識的な習慣は
まず、気づくことで顕在意識にあげることができます。

 

気づくことができるようになると、
「ハッ!!またやってた!!」

「そうじゃなくて!私はどうしたいの?」

わたしがやりたい方への行動ができるようになる。

「ハッ!も~また!もう罠にはまることだったゎ~(笑)」

「私はどうしたい?」

わたしの心の声で行動ができるようになる。



これを繰り返していくうちに自然に
「べき」という言葉を使わなくなっていき、
気づいた時には私の中にいた「ベキベキさん」は消え、
いつの間にか「ワクワクさん」になっていたりします♪

 

「ベキベキさん」という役職に飽きたら
ぜひ「ワクワクさん」に転職してくださーい♪

 

お待ちしてまーーーす

コメント